vim 使えるようになりたい 3

vimtutor 6, 7章もやりました!今回で最後にしたい。

結局ファイルを開いたり探したりするのに, :e だけでなんとかするの厳しかったので, unite.vim 入れましたmm

NERDTree は結構早い段階から入れてはいましたが、全然使っておらず、 unite.vim 入れたら尚のこと必要ないかなぁと感じるように…

Unite.vim

「ファイル検索を incremental search でいけるようにするやつ」って理解です。(他にも色々ありそうですが)

履歴から検索できるように, neomru.vim も入れてます。

参考にしたのは こちら

  • :Unite file でファイル一覧
  • :Unite buffer でバッファ一覧
  • :Unite file_mru で最近使ったファイル一覧

毎回 type するのもあれなので、適当な key mapping 割り当ててます

(が、何かと : 入力するのに慣れてきつつあるので別にいいかなと思ってます。

let g:unite_enable_start_insert = 1

最低限これ入れておけば、 :Unite file とかで開いた際にそのまま insert モードに入って incremental search できるようになるのでいいかなと。

NERDTree

今のところ出番なしなので、ほんと最低限のコマンドだけメモ。

  • t : カーソル位置のファイルを tab で開く
  • s : カーソル位置のファイルを vsp で開く(垂直に window 分割して)
  • m : カーソル位置のファイルに対して menu mode に入る(ファイルのrenameとかできそう)

NERDTree みたいな UI とか tab で管理できるの、プログラミング始めた当初 Sublime 使ってたので懐かしい。

tab の移動が :tabnext とかなので, いい感じのキー割り当てればサクサク移動できてもしかしたらいいかもと思いましたが、 emacs のとき buffer で管理してたので今はいらんなと感じてます。

ディレクトリの作成も :!mkdir でいい派なのでほんとに出番がくるか微妙です。しばらく使って不要そうなら消しちゃいます。

ググると「入れておくべき!」みたいなのをよく見るので使い方わかってないパターンだと信じたい…

vimtutor で習ったこと, 他

O (Shift+o) : カーソル位置の直前の行に insert mode で入る

zt / zz / zb : カーソル位置がそれぞれ一番上 / 真ん中 / 一番下に来るように画面をスクロール(redraw)

y : コピー。 yw で単語をyank, y$ で行末までyank

:help : help ページを開く

:help w : w に関する help ページ

:help user-manual : user manual を開く. manual 一覧があるので例えば :help usr_01 とかってすれば特定のマニュアルに飛ぶ

まとめ

vimtutor 終わったのと、ここ数日は $ emacs してないのでとりあえずの移行はできました。 まだ色々とぎこちないし、作業スピードも体感で以前の 5~6 割ほどですが.

常々思ってましたが、 vim ってコマンド多くないですか? emacs だと C-M- から始まるってのがあったから少なく感じてただけかもしれませんが。

今後ですがちょいちょい :help user-manual していろんなコマンドを開拓したい所存です。

.emacs.d/init.el はちょっと膨らんじゃったので, .vimrc はなるべく薄く保つつもりですが、そこそこ Plugin 増えてます… 基本 syntax highlight だと思いますが, これからも薄く保ってなるべくデフォルトのコマンド等でやりくりしたい.

最近は rails new してからもあんまり gem 入れないようになりつつあって、デフォルト厨化が進む今日この頃。

Mackbook Pro 早く新しいの出てくれ…

Contents